お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク入札テクニック

【ヤフオク】端数の金額で入札しないほうがいい理由とは?

スポンサードリンク

ヤフオクでは自動入札が採用されています。

自動入札とは、自分が入札した額がそのまま最高入札額になるわけではなく、他の人が入札した額を上回った入札単位の額が最高入札額となります。

ヤフオクでは自動入札が取り入れられておりその入札単位には決まりがあります。

現在の価格 入札単位
1円~1,000円未満 10円
1,000円~5,000円未満 100円
5,000円~1万円未満 250円
1万円~5万円未満 500円
5万円~ 1,000円

引用:ヤフオク!ヘルプ – 入札時に上乗せする金額(入札単位)

例えば、開始価格が1万円のもので自分が3万円で入札していて、誰かが2万円で入札すると自分が最高入札者となり入札額は2万500円になります。

詳しい自動入札の仕組みについては公式サイトが参考になります。

ヤフオク!ヘルプ – 入札のしくみ(自動入札と最高入札額)

 

ヤフオクで端数の金額で入札する人がいます。

端数入札とは、1,000円や500円単位ではなく、数円の端数も入れて入札することです。

例えば、入札額が、3,000円ではなく、3,111円で入札することを端数入札といいます。

一見、玄人っぽくて良さそうですが、あまりおすすめしません。

今回、なぜ端数の金額で入札しないほうがいいのか理由をお伝えします。

入札額をいくらにしたのかバレるから。

一番の理由は、入札額がバレやすいからです。

例えば、現在価格が1,000円で4,111円で入札し最高入札者となるとします。

他の人が、4,000円入札すると、最高入札札者は自分で、額が、4,111円と表示されてしまいます。

この場合、入札した額が、4,111円だということがわかってしまい、次、入札すれば、最高入札者になれることがわかってしまいます。

仮に、これが、1,000円開始のもので4,000円で入札し最高入札者となるとします。

他の人が、4,000円入札すると、最高入札札者は、自分で額が、4,000円と表示されます。

入札額が同じの場合、早く入札した人が最高入札者となります。

この場合、次入札すれば、最高入札者になれるかどうかわからない状態になります。

もっと、高い額で入札しているかもしれないという心理が働くので、この時点で諦めてくれる可能性があります。

端数で入札すると端数分だけ余計にお金を払うリスクが有る。

例えば、11,411円で入札して現在価格が5,000円になったとします。

他の人が、あとから11,000円で入札すると現在価格が11,411円となってもしそのまま、誰も入札しないと11,411円が落札額となります。

これが仮に、11,000円で入札して現在価格が5,000円になったとします。

他の人が、あとから11,000円で入札すると現在価格が11,000円となり、誰も入札しないと11,000円が落札額となります。

※入札額が同額の場合、早く入札した人が、最高入札者となる。

この場合、端数で入札してしまったばかりに411円高い落札額となってしまいます。

端数入札で入札するメリット。

私は端数入札は、しないほうがいいと思いますが、端数入札のほうがいいという考え方もあります。

端数入札のメリットは、誰かが入札していた額を端数で上回ると安く購入できるからです。

例えば、現在価格が1000円で、10,000円で入札されたものが10,001円で入札すると10,001円で最高入札者となり、誰も入札がなければ10,001円が落札額となります。

これが、11,000円で入札すると、10,500円が現在価格となり、誰も入札がなければ10,500円が落札額となります。

端数入札は、デメリットのほうが大きいので、入札しないほうがいい。

私の結論としては、最高入札額がわかってしまうデメリットのほうが大きいので端数入札はやらないほうがいいです。

端数入札の場合、相手の入札額を予想して、入札しないと安く買えないので難しいです。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top