お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク出品テクニック

ヤフオクとラクマに併用して出品したほうがいい理由について。

スポンサードリンク

ヤフオクで即決=出品価格で出品しているような商品は、ラクマでも併用して出品したほうが良いです。

なぜ、ヤフオクとラクマ併用したほうがいいのか解説していきます。

ラクマのほうが手数料が圧倒的に安い。

ヤフオクよりもラクマのほうが手数料が圧倒的に安いです。

ヤフオクは、プレミアム会員であれば8.64%、プレミアム会員でなければ、10%です。

ラクマは、3%です。

ほぼ3倍くらいヤフオクのほうが手数料が高いです。

仮に、同じ価格で売れた場合、この手数料の違いだけで、実際に入ってくる額が全然違ってきます。

特に、高額であればあるほど手数料は重くのしかかります。

例えば、10万円のものが売れれば、ヤフオクは1万円手数料がかかるのに対して、ラクマは、3,000円です。

7,000円もの差が出てしまいます。

高額な商品は、ラクマのほうが売れる理由。

高額な商品であればあるほど、ラクマのほうが売れる可能性があります。

なぜかというと、ラクマでは、ゲリラ的に3%オフのクーポンが配布されます。

このクーポンはなんと上限がありません。

例えば、10万円の商品を購入すると3,000円OFFになります。

20万円であれば、6,000円OFFです。

ヤフオクにも割引になるキャンペーンは開催されていますが、上限が設定されていて、1,000円を超える割引にするのはかなり難しいです。

このクーポンが強力なので、ヤフオクとメルカリ同じ価格で販売していてもラクマのほうが売れる可能性があります。

ラクマで購入申請ありにしておけば2つ同時に売れることはない。

ラクマには、購入申請という設定ができます。

購入申請ありにしておけば、購入されても、購入を拒否することができます。

この設定をしておけば、ヤフオクとラクマ、同時に購入されてもラクマの方を購入拒否することができます。

ラクマノ購入申請ありにしておけば、2つ同時に売れることを回避することができます。

ただし、ヤフオクには、即決で購入されると拒否できないので同時に売れた場合、ヤフオクの方を優先する必要があります。

ヤフオクとラクマ、同時に出品したほうが売れる可能性が上がる。

ヤフオクとラクマ、使っている層が違います。

売り場を増やせばそれだけ、売れる可能性が上がります。

ヤフオクは、ペイペイやTポイントを使うことができます。

ラクマは、楽天ポイントを使うことができます。

キャンペーンやクーポンも内容が違います。

つまり、購入者側は、使えるポイントやキャンペーン内容も両者では違うので、どっちで買えるのか選べたほうが良いです。

なので、同じ商品を同じ価格で出品しても、売り場を増やせば、売れる可能性が上がるわけです。

同じ価格で出品することをおすすめします。

ヤフオクとラクマ同じ価格で出品することをおすすめします。

私の経験上、ラクマで多少安く販売しても売れないからです。

 

私も最初は、ラクマのほうが手数料が安いから、若干安くして購入者に還元させようと思って私もヤフオクよりも安く出品していました。

しかし、なかなか売れないです。

値段を下げて売れば売れるというものでもありません。

かなり値段を抑えないと値段の魅力で売ることはラクマでは難しいと言うのが実感です。

 

また、ラクマは、送料無料にするのが鉄則です。

同じ価格で出品しても、ラクマは送料を負担しなければいけません。

その送料を考えると同じ価格で出品しても、ラクマで買ったほうが購入者側としてはお買い得です。

出品ページに他サイトを誘導するのはNG

注意しておきたい点があります。

出品ページで他サイトを誘導するのはNGだということです。

ヤフオクもラクマも規約上禁止されています。

例えば、ヤフオクで出品しているページで、ラクマでも販売していますと記載してラクマの商品のURLを貼り付けるのはNGです。

これは、ラクマで出品している商品にも同じことが言えます。

ヤフオクは、二重出品を禁止されている。

ヤフオクでは、二重、出品することを禁止されています。

そのため、他サイトでも販売していますみたいな文言は入れないようにしましょう。

そこまで厳密にこの規約を適用しているとは現状思えませんが、もしかしたら、最悪、アカウントの停止になる可能性もあるも認識しておいたほうが良いです。

もし気になるようであれば、同じ写真を使わないなど対策をしておいたほうが良さそうです。

出品者にしてみると、メルカリ、ラクマなどいろいろなフリマアプリが出ている中で、ヤフオクでしか出品できないのもおかしな話です。

この規約は、2つ同時に売れてトラブルになることを防ぐためにもうけられているものと考えられます。

しかし、ラクマは、購入申請の機能を使えば同時に売れるようなトラブルは回避できます。

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top