お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク

ヤフオクの売上金はジャパンネット銀行にすぐに振り込んだ方がいい理由。

スポンサードリンク

ヤフオクの売上金は、ジャパンネット銀行に振込むことをおすすめします。

その理由について解説していきます。

ヤフオクの売上金を貯めるメリットがない。

ヤフオクの売上金を貯めるメリットがありません。

売上金を直接ヤフオクで支払うことも可能ですがその際の特典は、現時点でありません。

※今後何らかのキャンペーンが開催される可能性はあります。

ちなみに、ヤフーマネー時代は、売上金をヤフーマネーにチャージすると1%の特典が受けられました。

しかし、今は、ヤフーマネーからPayPayに切り替わったため、チャージすることによる特典も無くなってしまいました。

売上金のままにしておくリスク。

ヤフオクの売上金のままにしておくとアカウントが何らかの理由で利用停止された場合、売上金を全額没収される可能性も0ではありません。

売上金というと自分のお金のように聞こえますがヤフオクが管理している売上金なのでヤフオクが全額没収することも可能だということです。

ヤフオクのさじ加減次第で売上金を没収されるなんて怖くないですか?

そのほかにも、何らかの理由でアカウントにログインできなくなったりしてその売上金が使えなくなる可能性もあるでしょう。

売上金のままにしておくとリスクしかないことがわかりました。

ジャパンネット銀行なら無料でリアルタイムで振り込める。

ジャパンネット銀行なら売上金を無料でリアルタイムで振込むことが可能です。

ヤフオクで無料で振込できるのはジャパンネット銀行だけです。

他の銀行の場合、振込手数料が100円かかります。

振込むたびに100円かかってしまうので絶対にジャパンネット銀行を使った方がいいです。

ジャパンネット銀行ならPayPayもチャージできる。

ヤフオクで落札した商品をPayPayで支払いたいからとりあえず売上金のままにしておいた方がいいと思っている方もいると思います。

しかし、ヤフオクの売上金をPayPayにチャージする場合、PayPayのアプリからチャージすることができません。

ヤフオクのアプリか、ウェブからアプリする必要があります。

少し面倒です。

 

ジャパンネット銀行からもPayPayにチャージできます。

ジャパンネット銀行からPayPayにチャージする場合、PayPayアプリからチャージ可能なのでむしろジャパンネット銀行にお金があった方が便利です。

 

 落札代金の自動振込機能が終了する。

2019年9月26日に落札代金の自動振込機能が終了します。

2019年9月26日以降、ヤフオクの落札代金は、売上金に一旦計上されることになります。

詳しくは以下の記事より。

【悲報】ヤフオクでの自動振込機能終了へ!懸念されることは?

今まで、自動振込機能を使って振込していた人は注意が必要です。

ちなみに、これまでは、自動振込機能で振り込んでいた口座に手数料無料で振込されていましたが今後、ジャパンネット銀行以外は、手数料が100円かかります。

この記事で解説しているように売上金として計上されたものは、ジャパンネット銀行に振込することをおすすめします。

今なら、ジャパンネット銀行の開設、条件ありで1000円キャッシュバック

ヤフオクの落札代金の振込で手数料がかからないのはジャパンネット銀行だけです。

ヤフオクを使う人は、ジャパンネット銀行が必須だと思った方がいいです。

また、ヤジャパンネット銀行は、以下のようなメリットがあります。

・対象ATMでの3万円の入出金は無料。

・デビットカード機能付き。

・PayPayアプリから簡単にPayPay残高にチャージ可能。

 

今なら、ジャパンネット銀行の口座開設してVisaデビットカードを3回以上使うと1000円キャッシュバックされるキャンペーンをやっています。※ご利用は口座開設月の2ヶ月後の月末まで

もし開設していない人は、無料で開設できるので損はしないと思います。

ジャパンネット銀行の口座開設はこちらから。
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top