お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオクトラブル解決

ヤフオクでかんたん決済支払い後、落札者都合でキャンセル返金したい場合どうすればいい?

スポンサードリンク

やむおえず、ヤフオクでかんたん決済支払い後、落札者都合でキャンセルしたい場合があるかと思います。

一番気になるのは、手数料について。

手順を踏まないと、落札システム利用料、落札額の8.64%(税込)が出品者に必ず請求されます。

 

もし、あなたが落札者で落札者の都合で返金してもらいたい場合、落札額の8.64%(税込)は、落札者が負担することを覚悟しなければいけません。

また、出品者側が、手順を間違えると、落札者都合なのにシステム手数料は、出品者が負担しなければいけないことになります。

今回は、かんたん決済支払い後、落札者都合でキャンセする場合の手順を紹介します。

 

落札者は、まず、出品者に相談しましょう。

落札者の人は、やむおえず自分の都合でキャンセル・返金してもらいたい場合は、出品者に相談しましょう。

もし、落札者都合でキャンセルすることになると、返金の処理もしないといけませんし、商品も再出品することになります。

つまり、出品者に非常に迷惑をかけます。

出品者がキャンセルはできないと言えば諦めたほうがいいです。

 

ヤフオクで、たまにお客様感覚で返金を要求する人がいます。

ヤフオクはあくまで個人間での取引なので出品者も落札者も対等な立場です。

落札者都合でキャンセルする場合は、100%落札者が悪いので下手に出て、キャンセルできないかを相談してください。

 

発送前の場合、取引を中止するを選択する。

※ヤフオクのヘルプデスクに、問い合わせましたが、「取引を中止する」で返金したあと、落札者を削除すれば落札システム利用料は請求されないことを確認しています。

もしも、まだ発送前の場合は、出品者が「取引を中止する」を選択して返金します。

「取引を中止する」は、取引ナビの画面から行うことができます。

「取引を中止する」で気をつけたい点は以下の通り。

・取引を中止すると入金した額が落札者に返金される。

・取引を中止しただけでは、落札システム手数料は、請求される。

・落札システム手数料を請求されないためには落札者を削除する必要がある。

・発送後は、「取引を中止する」ことができない。

 

「取引を中止する」ただけでは、落札システム手数料が請求されます。

請求を回避するためには、取引を中止する「落札者を削除する」必要があります。

落札者を削除する場合、出品者都合から落札者都合か、選択しなければいけません。

選択した方に非常に悪いの評価が自動的につき、この評価を変更することができません。

落札者の削除は、商品ページの「落札者一覧」の「落札者を削除する」から行います。

この落札者の削除は、以下の期限までに、行う必要があります。

1日〜15日に終了したオークションは、終了月の月末。

16日〜月末に終了したオークションは、終了月の翌月末、またはオークション終了から42日以内(いずれか早い方)

発送済みの場合は?

かんたん決済支払い後、発送済みの場合は、「取引を中止する」の返金機能が使えません。

そのため、直接銀行口座に振り込んでもらう必要があります。

このような手順になります。

取引ナビで落札者の口座を教えてもらう。→受け取り連絡をする(落札者)元払いで出品者に商品を返品する。出品者が受け取った額を落札者の口座に入金。

発送済みでまだ商品が到着していない場合は、差出人に荷物を戻せるか宅配業者に相談したほうがいいです。

もしも、落札者は、商品を受け取った場合、元払いで出品者に商品を返品します。

この際、開封はせずに返品してください。

もしも開封してしまうと、落札者が壊したものを送ってのではないかと疑われてしまいます。

出品者は、必ず、商品を返品して商品の内容を確認してから返金する必要があります。

もし、商品を返品する前に、返金を要求された場合、詐欺の疑いがかなり強いので気をつけた方がいいです。

返金する額は、落札者と相談し、落札者に非がある場合は、落札システム手数料を差し引いた額を返金したほうがいいでしょう。

落札システム手数料を差し引いた額は、かんたん決済トップ →受け取り一覧 から簡単に調べることができます。

キャンセルせずに、その商品を出品してお金を取り戻したほうがいいと思う。

落札者の都合でキャンセル、返金した場合、悪いの評価をつけられても仕方がありません。

そして何よりも出品者に多大な迷惑をかけます。

なので、キャンセルはせずに、その商品を自分で出品してお金を取り戻したほうがいいと思います。

キャンセルするにしても、自分で出品するにしても、結局、システム手数料を払うことにか変わりありません。

戻ってくる額にそれほど変わりはないので、それなら、自分で出品して、迷惑をかけない方法をするほうが懸命だと思います。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top