お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

未分類

メルカリの売上金とメルペイ残高とチャージ払いの違いってなんなの?

メルカリでは、売上金、メルペイ残高、チャージ払いの区別がつきにくく混乱してよくわかりません。

公式のメルカリガイドを見ても正直、分かる人はなかなかいないと思います。

そこで今回は、売上金、メルペイ残高、チャージ払いの違いについて記事にしていきます。

売上金とメルペイ残高の違い。

売上金とメルペイ残高、似ているようですが若干違っています。

まずは、売上金について説明します。

売上金の特徴は以下のとおりです。

・メルカリで商品が売れた代金は、売上金として計上される。

・メルカリで購入したものを直接、売上金で支払うことができない。

・売上金からメルカリで支払いたい場合、売上金からポイントを購入する必要がある。

・ポイントは、口座に振込むなど現金化することができない。

 

メルカリでは、商品が売れた代金は、売上金として計上されます。

この売上金は、メルペイの画面でも表示されます。

残念ながらこの売上金から直接メルカリで支払うことはできません。

売上金をメルカリで使いたい場合、一旦、ポイントに変換して使わなければいけません。

購入する画面では、「売上金でポイントを購入」という画面が表示されます。

ポイントは、メルカリの支払画面から代金の分だけ1円単位で購入することができます。

ここで重要なのは、一度売上金からポイントに変換した場合、そのポイントを口座に振込むことができなくなってしまいます。

「メルカリですでに商品の代金を支払ったのだから、現金化のことは考えなくてもよくない?」

と思われるかもしれませんが、代金を支払ったからと言って出品者が必ず発送してくれるとは限りません。

出品者が商品を発送しないなど、何らかの理由でキャンセルになる場合が考えられます。

その場合、ポイントで返金されるので現金化することができなくなるわけです。

ちなみに、メルペイで売上金を使いたいときも、売上金→ポイントに変換しないと使えません。

メルカリは、なぜ、一度、ポイントを購入しないと駄目なのかかなり理不尽に感じてしまいます。

 

次に、メルペイ残高について説明します。

メルペイ残高の特徴は以下のとおりです。

・メルペイで銀行口座を登録の設定をした場合、売上金ではなく、メルペイ残高という仕組みに変更される

・メルカリで売れた代金は、メルペイ残高に計上される。

・メルペイ残高は、口座に振込むなど現金化可能。

 

最初に説明した売上金は、メルペイで銀行口座を登録すると、メルペイ残高という仕組みに変更になります。

アプリの画面でも売上金ではなくメルペイ残高と表示されます。

メルペイ残高にすると、売上金は自動的にメルペイ残高として計上されます。

メルペイ残高にすると、メルカリから直接メルペイ残高で支払うことが可能になります。

また、メルペイ残高は、指定の口座に払い戻しすることが可能です。(通常振込200円、お急ぎ振込400円)

なので、もしメルペイ残高で支払ったあと、キャンセルになった場合は、払い戻しができるメルペイ残高で返金されます。

メルカリのチャージ払いってなんなの?

メルカリのチャージ払いとは何なのでしょう。

これも非常にわかりにくいです。

チャージ払いとは、メルペイで指定した銀行口座にメルペイにチャージして、そのチャージ分から支払うことです。

これは、メルペイのアプリから手動で行います。

つまり、メルカリ残高で支払うことに変わりありません。

そのメルカリ残高は、銀行からチャージできますよってことだけです。

まとめ

・売上金→ポイントに変換しないとメルカリで使えない。

・売上金は、メルペイで銀行口座を登録することにより、メルカリ残高に変更になる。

・チャージ払いとは、メルカリ残高に銀行からチャージして支払いすること。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top