お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

メルカリ

現役ユーザが考える。ヤフオクとメルカリの違いについて。徹底比較!

スポンサードリンク

ヤフオクとメルカリ、どちらを使っていいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

私は、メルカリもヤフオクも両方使っています。

最近では、ヤフオクよりもメルカリを推す人が多いですが本当にそうなのでしょうか?

使いやすさ、売りやすさ、安全面、利用料などから両サービスを比較していきたいと思います。

一番の違いは、「メルカリの緩さ」

メルカリとヤフオク、手数料や、サービス面で大きな違いはありません。

そこで、一番気になるのは、メルカリとヤフオクどちらが売りやすいかだと思います。

 

メルカリとヤフオクの一番の違いは、「メルカリの緩さ」です。

メルカリで出品する場合、商品説明欄や写真の撮影がいい加減だったり、アカウントの実績が少なかったりしても、意外とあっさり売れる事が多いです。

しかし、ヤフオクは、写真に拘ったり、商品説明欄をちゃんと記載しないといけなかったり、アカウントの実績も多くないとなかなか売れません。

メルカリは、個人が不用品を気軽に売れるというのが売りのサービスなので、そこまで出品ページを作り込まなくても許されるような文化がある気がします。

ヤフオクの場合、ヤフオクストアを始めとした多くの業者も参入していた、その業者もライバルとなってしまうのでなかなか個人では売りにくい印象があります。

ヤフオクは、オークションなので1円出品など競って落札させることもできますが、商品説明がいい加減だったり、アカウントの実績がないと、かなり安い値段で買い叩かれることも結構あります。

売るならメルカリ、買うならヤフオク。

売るならメルカリ、買うならヤフオクというのが私の結論です。

売るならお手軽に売れるメルカリがいいと思います。

特に、フリマアプリや、ネットオークション経験がない人にはメルカリで売るのをおすすめします。

極力、早く売りたい場合は、ヤフオクもメルカリも両方出品するのもありです。

ただし、その場合、どちらかが売れたらすぐにどちらかを出品終了にする必要があります。

 

逆に言うと、メルカリは、オークション、フリマ歴があまりない人が多いので認識の違いからトラブルになりやすいです。

買うならヤフオクのほうがいいです。

特に、高額商品は、メルカリで買うのではなく、ヤフオクで信頼できるアカウントやヤフオクストアから購入することをおすすめします。

トラブルになったときの損失が大きいです。

ヤフオクは、実績のある人も大勢いますし、ヤフオクストアで購入すれば更に安心して購入できます。

買うならヤフオクやメルカリではなく、ヤフーショッピングで購入してみるのもありです。

ヤフオクよりもヤフーショッピングのほうが中古品を安く買える説。

ヤフオクは、フリマ出品もオークション出品もできる。

両サービスの販売形式の違いですが、ヤフオクは、ネットオークションでメルカリはフリマサイト(アプリ)となります。

しかし、ヤフオクではフリマ出品という機能を使えば、メルカリと変わらずフルマ形式で出品することが可能です。

他のサイトでは、メルカリは、ヤフオクに比べてフリマ出品できると説明していますがデマです。

ヤフオクでも、フリマ形式で出品することができます。

逆に、メルカリでは、現時点で、オークション形式での出品ができません。

ヤフオクは、オークション形式もフリマ形式も両方対応しているので販売形式のバリエーションでは、メルカリよりも優れていると言えます。

 

出品利用料は、それほど変わらない。

出品利用料は、メルカリは、10%で、ヤフオクは、非プレミアム会員が10%、でプレミアム会員(498円税込)は、8.64%となります。

出品利用料は、先程変わらない印象です。

両サービスかなり高いですがその理由はこちらの記事をご参照ください。

ヤフオク、メルカリの手数料が高い理由と原因はなに?

また、両サービスともに出品者に手数料がかかりますが、購入者に対しての手数料は無料です。

ヤフオク メルカリ
出品利用料 8.64%~10% 10%

メルカリは、振込手数料が200円かかる。

ヤフオクもメルカリも購入者が受取連絡をしないと代金が受け取れない仕組みとなっています。

それ以外では、代金を受け取る方法も両サービス違います。

 

ヤフオクは、ペイペイにチャージするか、指定の口座に振り込むかのどちらかです。

ペイペイは電子マネーになります。

現時点では、ヤフオクからペイペイにチャージをしても、ポイントの還元などの特典は一切ないので特に理由がない限り銀行振込のほうがいいと思います。

口座に振り込むときは、ジャパンネット銀行口座以外は、1回100円かかります。

振り込まれるタイミングは、売上確定した日から翌営業日か翌々営業日となります。

ジャパンネット銀行だけ、リアルタイムですぐに振り込まれます。

 

メルカリは、売上金(メルペイ残高)か、指定の口座に振り込むかのどちらかです。

メルカリの場合、商品の代金は自動的に、メルペイ残高としてチャージされメルペイで使うことができます。

銀行振込をしたい場合は、メルペイ残高から振り込むことになります。

振込の場合は手数料が200円かかります。

振り込まれるタイミングですが、2つパターンがあります。

「お支払い用銀行口座の登録」と「アプリでかんたん本人確認」 どちらも完了していない人は、振込スケジュールにしたがって入金されます。

この場合、振込申請するタイミングにもよりますが、最長10日後の振り込みとなってしまいます。

「お支払い用銀行口座の登録」と「アプリでかんたん本人確認」 どちらかが完了している人は、もっと早く振り込みされます。

ゆうちょ銀行以外は、翌日か、翌々日に振り込みされます。

ゆうちょ銀行の口座は、3日後~4日後になります。

振込手数料やタイミングからしても、代金の受け取りは、ヤフオクのほうが優れています。

 

ヤフオク メルカリ
受け取り方法 ペイペイ or 銀行振込 メルペイ or 銀行振込
振込のタイミング リアルタイム~翌々営業日 翌営業日~10日後
振込手数料 ジャパンネット銀行以外100円 200円

メルカリのほうがユーザ数が多いというのはデマ。

メルカリのほうがユーザが多いので欲しい物が手に入ったり、売れやすい言っているサイトがありますがデマです。

この記事を元に、スマホの利用者がメルカリのほうが多いので、メルカリのほうがユーザが多いと言っているサイトがあります。

楽天対アマゾン、ヤフオク対メルカリ 利用者数が逆転|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

この記事のグラフを元にすると、PCユーザーとスマホユーザを含めるとヤフオクのほうが多いです。

メルカリでは、スマホアプリでしかできない操作もあるのでPCユーザは少ない傾向にあります。

また、ヤフオクでは、ヤフオクストアも含めて業者がたくさん参入しています。

業者は大量にいろいろなものを出品しているので欲しい商品もヤフオクのほうが圧倒的に見つかりやすいです。

品揃えはヤフオクのほうが圧倒的に多い。

ヤフオクのほうがメルカリよりも出品数は圧倒的に多いです。

なので、欲しい商品は、メルカリよりも見つかりやすいです。

なかなか出品されないものや、高額なものは、メルカリだとなかなか見つかりにくいです。

メルカリは、ユーザのリテラシーが低い。

メルカリは、ヤフオクと比べるとリテラシーが低い人が多いです。

そもそも、メルカリは、ヤフオクを知らない層を取り入れて成功したサービスなので、ライトユーザーや、若い層が多いです。

そのため、メルカリでは、購入しても支払わなかったり、質問欄で、意味のわからない質問をしたり、強引に値下げをしようとする人が結構います。

出品者は、購入する人を選べないのでトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。

それを逆手に取って、メルカリでは、そういう情報弱者を向けの商品もたくさんあります。

商品内容を曖昧にしたり、勘違いを誘導して騙そうとしている商品が多数存在します。

ヤフオクの場合、ヤフオクが認定したヤフオクストアが存在しています。

ヤフオクストアで購入すれば、まず変なトラブルに巻き込まれることはないです。(※中にはいい加減な業者もいる)

キャンペーンやクーポンの違い。

両サービス、割引のクーポンやキャンペーンが開催されています。

メルカリの場合、不定期で、5%~7%程度のクーポンが配布されます。

割引額の上限も配れれるクーポンによって異なります。

情報によると割引額の上限は3000円程度みたいです。

どういう条件でクーポンが配られるのかは非公開なので、いつクーポンが配布されるのかわかりません。

 

ヤフオクの場合は、びっくりサンデーGO!GO!入札!5のつく日キャンペーンゾロ目の日クーポンというこの3つのキャンペーンがいまのところ開催されています。

詳しくはこちらの記事より。

2019年8月現在、ヤフオクのクーポンとキャンペーンのまとめ!

メルカリで不定期に配られるクーポンとは違っていて、開催される日が決まっています。

キャンペーンによって、割引率と割引額は違います。

一番いい割引額で、5万円以上購入で3500円のクーポン(先着順にエントリー)です。

それ以外は、上限が1000円程度になることが多いです。

ヤフオクは、ゾロ目の日クーポン以外は、割引上限が1000円台とかなり低いのでメルカリのほうがクーポンでは魅力的になりそうです。

支払い方法と手数料について。

ヤフオクの支払い方法は、ペイペイ、クレジットカード、ヤフーマネー、インターネットバンキング、コンビニ支払い、銀行振込となります。

これらは、全て手数料無料で利用できます。

更にペイペイから支払うと1%のペイペイボーナスが貰えます。

 

メルカリは、クレジットカード、メルペイ残高(売上金)、ポイント、ケータイ払い、コンビニ払い/ATM(Pay-easy)となります。

ケータイ払い、コンビニ払い/ATM(Pay-easy)は、手数料が100円かかります。

銀行振込はないですが、メルペイに対応している銀行であればメルペイにチャージ(無料)することで実質メルペイで支払うこともできます。

メルカリは、クレジットカードを持っていないと支払いは大変だと思います。

メルカリは、ネットバンクから直接支払えなかったり、手数料がかかる支払い方法もあります。

ヤフオクは、ネットバンクにも対応していて支払手数料もすべて無料なのでヤフオクのほうが圧倒的に支払いやすいです。

最後に。

私が両方使ってみた感想ですが、ヤフオクのほうが使いやすいです。

ヤフオクは、ジャパンネット銀行だと振込がリアルタイムでしかも無料なのでとても使いやすいです。

メルカリと比べると変なユーザーもヤフオクのほうが少ないです。

無難に取引をしたいならヤフオクをおすすめします。

高額なものをメルカルで買う気にはなれません。

ただし、メルカリは、かなり安い掘り出し物があったり、意外と高値で売れたりすることもあるのが魅力的です。

無難に取引をしたいならヤフオク、面白さを求めたいならメルカリという使い方もあると思います。

出品する場合は、ヤフオクでもメルカリでも両方出品すれば、売れる確率も上がるので在庫の管理がすぐにできるのであれば、両方のサービスに出品してみるのもおすすめです。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top