お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ラクマ

ラクマのコメントで値下げ交渉をしてきたら、どうすればいい?文例あり。

スポンサードリンク

ラクマで出品をしていると値下げ交渉をコメントでしてくる人が結構います。

ありえないような価格で購入してくることも多くイラッとされた方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、値下げ交渉をしてきた場合、どうすればいいか解説していきます。

値下げ交渉自体をしたくない場合。

値下げ交渉自体をしたくない場合は、商品説明欄に

※値下げ交渉はできません

の一言を付け加えましょう。

ラクマやメルカリなどフリマサイトは、値下げ交渉するのが文化みたいなところがあるので、値下げ交渉をしたくない場合は、商品説明欄にしないことを記載したほうがいいです。

それでも値下げ交渉してくる人にはこのようにコメントしましょう。

文例「商品説明欄にもありましたとおり、値下げ交渉はできません。大変申し訳ございません。

相手が非常識なコメントをしても、あくまで下手に出ることがポイントです。

コメント欄は、他の方も見ているので、どんなにマナーの悪いコメントでも丁寧に返答したほうがいいです。

しかし、値下げ交渉しないと記載しているのに交渉してくる人は、マナーの悪い人です。

相手の評価も見てこの人と取引したくないと思ったら、ブロックするのもありです。

ラクマでは、コメントをタッチすると、相手のプロフィール欄に飛ぶので右上の・・・をクリックするとブロックすることができます。

ただし、ラクマは購入申請ありに設定していれば、購入者を選べるのでわざわざブロックする必要もないかもしれません。

値下げ交渉自体は可能だが、値下げ交渉に応じない場合。

値下げ交渉に応じない場合は、コメントで値下げ交渉はできないことを伝えましょう。

「いくらまでだったら値下げします」みたいなコメントを出品者がすることも可能ですが、いくら値下げが可能かコメントしてしまえば、今、出品している価格で売れにくくなります。

もし、値下げ交渉に応じることは可能でも、値下げ幅が大きすぎて応じされない場合は、このように回答したほうが無難でしょう。

文例「大変申し訳ございませんが、その値段では値下げすることができません。

そのことが相手に伝わったらコメント削除して、もし可能な範囲で値下げ交渉する人が来るのを待ちます。

これも、相手の評価を見て取引したくなければブロックします。

値下げ交渉に応じる場合。

値下げ交渉に応じる場合は、商品を編集して交渉した価格まで値段を下げます。

○○様専用みたいなページを作る必要はありません。

ラクマでは、購入申請の仕組みがあるからです。

値段を下げて他の人がさきに購入ボタンを押しても、誰にするかは自分で決められます。

交渉した相手が、購入したらその相手の購入を許可すればそれで大丈夫です。

なので、値下げ交渉に応じる場合は、「購入申請もあり」に設定しておきましょう。

 

コメントはこのように返答します。

文例「その値段であれば大丈夫です。その価格まで値段を下げるので購入をお願いします。明日までに購入がない場合は、価格を元に戻します。

ここでのポイントは、期限を決めることです。

値下げ交渉が成立して値段を下げたのにもかかわらず、購入しない人がいるからです。

なのでいつまでか期限を明確にし、もし期限内に購入しない場合は、価格を元に戻すか、他に購入申請している人がいればその人にします。

まとめ

・価格交渉自体したくない場合、商品説明欄に価格交渉できないことを記載しておく。

・価格交渉に応じたくない場合は、できないことを丁寧に回答する。

・コメントしてきた相手と取引したくない場合、ブロック機能を使う。

・価格交渉に応じるときは、購入できる期限を伝える。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top