お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

Tポイント

ヤフオクの支払いは、PayPayとクレジットカードどっちがいい?還元率が高いのは?

スポンサードリンク

こんにちは。

ヤフオクアドバイザーのうさぎ(@jkusagichan)です。

 

ヤフオクでは、PayPayとクレジットーカードどちらでも支払うことが可能です。

一番気になるのは、PayPayとクレジットカードどちらで支払ったほうがお得なのか?還元率が高いのか?です。

そこで今回は、PayPayとクレジットカードどちらで支払ったほうがいいのかを解説していきます。

 

クレジットカード支払いとPayPay支払いの還元率は変わらない。

PayPay残高とクレジットカード支払いの還元率は、以下の通りとなります。

PayPay残高支払い:1%のPayPayボーナス還元

クレジットカード支払い:カード会社によるがだいたい1%

 

クレジットカードと、PayPay支払い時の還元率は、変わりません。

クレジットカードは、クレジットカード会社によって還元率は、異なりますが、だいたい1%です。

逆に1%を超えるような還元率はなかなかないです。

もし、クレジットカードの還元率がわからないようでしたら、PayPayで支払ったほうが確実にPayPayボーナスがもらえるので、PayPayで支払ったほうがいいと思います。

しかし、クレジットカードの場合は、支払いを先延ばしにできますし、PayPayにチャージする必要もないので、支払いが簡単だという利点があります。

 

ヤフーカードを持っているならPayPay支払いで2%還元。

クレジットカードとPayPayの支払い、どちらも還元率は変わりませんが、ヤフーカードの場合は、違っていきます。

ヤフーカードでPayPay残高にチャージするとクレジットポイントとして1%のTポイントが還元されます。

そのPayPay残高で支払ったときに1%のPayPayボーナスが還元されます。

つまり、ヤフーカードでPayPay残高にチャージすることによって二重取りで2%還元されることになります。

ヤフーカードからPayPay残高にチャージ:1%のTポイント還元

PayPay残高からヤフオクで支払い:1%のPayPayボーナス還元

 

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、ヤフーカードだけです。

他のクレジットカードからPayPay残高にチャージすることはできないので注意が必要です。

 

ヤフーカードを作れない人は、ジャパンネット銀行を作ろう!

ヤフオクで支払うとき、「ヤフーカード→PayPay残高→ヤフオクの支払い」で還元率2%となり最も還元率が高い支払い方法となります。

できたら、ヤフーカードで支払いたいですが、ヤフーカードはクレジットカードのため、審査がおりないなどで作れない方もいると思います。

ヤフーカードが作れない人は、ジャパンネット銀行からPayPay残高にチャージして支払うことをおすすめします。

その理由は、ジャパンネット銀行とヤフオクとの相性が抜群だからです。

ヤフオクで出品して売れた、売上金を手数料無料で振込できるのは、ジャパンネット銀行だけです。

しかも、振込申請すれば、リアルテイムで口座に振り込まれます。

しかも、今は、売上金を直接、ヤフオクの支払いにすることができないので、ヤフオクの売上金を使いたい場合は、出金する必要があります。

PayPay残高のチャージもジャパンネット銀行の口座から簡単にできます。

 

今なら、ジャパンネット銀行の口座開設してVisaデビットカードを3回以上使うと1000円キャッシュバックされるキャンペーンをやっています。※ご利用は口座開設月の2ヶ月後の月末まで

もし開設していない人は、以下のリンクから講座を開設してください。

ジャパンネット銀行の口座開設はこちらから。※このページからでしか1000円キャッシュバックのキャンペーンは適用されません。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top