お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

キャンペーン情報

ヤフオクの売上金はペイペイ残高にチャージするべきなのか?

スポンサードリンク

現在、ヤフオクでは、商品が売れたあとの代金は、売上金として計上され、ペイペイ残高にチャージするか銀行振込となります。

どちらにするべきなのか解説していきます。

今の所、ペイペイ残高にチャージで獲得できるポイントはなし。

残念なから、今の所、ヤフオクの売上金をペイペイにチャージしても、獲得できるポイントや特典はありません。

以前は、ヤフーマネーにチャージすると1%のTポイントが貰えましたが、そういう特典は、今の所ありません。

ただし、今後、ペイペイにチャージするとでのキャンペーンが開催される可能性は十分あります。

キャンペーンが開催されれば随時更新していきたいと思っています。

ペイペイにチャージするメリットとデメリットは?

ペイペイにチャージするメリットは手数料がかからないことです。

銀行振込は、ジャパンネット銀行以外は、100円の振込手数料がかかってしまいます。

ジャパンネット銀行は、手数料無料です。

ちなみに、ヤフオクからペイペイのチャージのメリットはありませんが、ペイペイから代金を支払うときには特典があります。

ヤフオクでは、ペイペイボーナスを1%受け取れる特典があります。

その特典を受けたい場合、ジャパンネット銀行から使いたい分だけペイペイ残高にチャージすれば問題ありません。

つまり、指定の振込口座をジャパンネット銀行にしている人は、ペイペイにチャージするメリットは、ほぼないです。

 

ペイペイにチャージするデメリットは、一度チャージしてしまうと現金化することができないことです。

ペイペイを現金化する機能がありません。

一度ペイペイ残高にチャージしてしまうと、ペイペイ残高として使い切る方法しかありません。

ペイペイを使えるお店は増えてきましたが、使える場所が限定されているので不便です。

ヤフオクの売上金は、ジャパンネット銀行に振込しておくのがベスト。

ヤフオクの売上金は、ジャパンネット銀行に振込しておくのがベストです。

手数料が無料な上に、ジャパンネット銀行からもペイペイ残高にチャージすることができるからです。

ペイペイ残高にチャージが必要になったら、必要な分だけジャパンネット銀行からチャージすればよいでしょう。

また、ジャパンネット銀行は、提携ATMであれば3万円以上の入出金は無料なので現金が必要な場合は、提携ATMから手数料無料で引き出せます。

提携ATMは、セブン銀行ATM、イーネットATM(ファミリーマート等に設置)、ローソン銀行ATM、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMとなります。

コンビニに置いてあるATMなのでいつでも引き出せて非常に便利です。

ヤフオクで振込手数料が無料なのは、ジャパンネット銀行だけなので、もしヤフオクで出品していて、ジャパンネット銀行を開設していない人は開設しておくことをおすすめします。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top