お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク

騙されない!ヤフオクでの詐欺の手口と対策を解説。

スポンサードリンク

昔、ヤフオクでは、先に取引相手にお金を振り込んでから、発送してもらう方式でした。

そのため、商品を送らずに、簡単に詐欺行為を行うことができました。

しかし、現在では、全てかんたん決済を通して、一時的にヤフオク側で代金を預かってから発送する方法になり、だいぶ安心して使えるようになりました。

しかし、ヤフオクなど個人間での売買の場合、基本的に自己責任となります。

信用できる相手かどうかを見極めて、購入し、自分の責任で取引する必要があります。

私の経験上ヤフオクでは、99%は、無事問題なく取引が終わります。

しかし、リスクを0にすることはできないので、トラブルは起こり得ることだということを理解しましょう。

ヤフオクで詐欺にあってしまった場合、警察に相談しても、基本的には何もしてくれません。

ここでは、リスクを0に近づけるための対策と起こりうる詐欺の手口について紹介します。

詐欺の手口1 壊れているものを送りつける。

一番、ありえる手口は、壊れているものを送りつける詐欺です。

壊れているものを送りつけられた場合、ヤフオクの未着・未入金トラブルお見舞い制度は受けれません。

この詐欺の特徴は、動作が確認できなくても言い逃れできるような説明をして出品していることが多いです。(※もちろん、悪質な場合、動作品として出品している場合もある。)

例えば、このような文言があった場合、注意したほうがいいです。

・友人から譲り受けました。

・動作を確認する方法がないため未チェックです。

・電源が入ることの確認は取りましたが、詳しくないためその他は未チェックです。

・ジャンク扱いでお願いします。

 

詐欺の手口2 偽造品を出品。

偽造品を出品していることもよくあります。

偽造品は何もブランド品だけではなく、電子機器だったり場合も多いです。

有名所だと、ACアダプターが有名です。

ACアダプターの新品で明らかに安いものは、偽造品の可能性が極めて高いです。

こういう特徴のものは偽造品である場合が多いです。

・海外からの発送。

・新品なのに正規で購入すると付属している元箱や説明書が付属していない。

・「バルク品」というよくわからない単語がタイトルに入っている。

・新品なのに、明らかに安い。

 

商品を購入する際は、念の為偽造品が出回ってないかグーグルなどで検索して調べたほうがいいです。

偽造品がないかどうかは、このようなキーワードで調べましょう。

「商品の名前 偽造品」

詐欺の手口3 電子媒体のやり取り。

電子情報のやり取りは、実際に商品を発送するわけではないので詐欺を行いやすいです。

例えば、アマゾンギフト券Eメールタイプや、ゲームアカウントなど。

例えば、アマゾンギフト券Eメールタイプの場合、アマゾンギフト券のコードを取引ナビなどで教えてもらって取引が完了します。

このコードが、すでに使われていたり、デタラメだったりする可能性があります。

また、このコードが不正に入手された可能性もあり、後日、使えなくなる可能性もなくはないです。

このような電子情報のやり取りは、評価の実績がたくさんあることや、ヤフオクストアなど、かなり信頼できる相手だと思える人と見極めて取引したほうがいいです。

詐欺の手口4 先に受取連絡を要求。

商品が届いていないのに先に受取連絡を要求してくる詐欺です。

これは、メルカリ、ラクマなどにも多いです。

この詐欺の特徴は、何かと理由をつけて、商品を送ってないのに受取連絡させようとすることです。

このようなことを言い出したらかなり危ないです。

「受取連絡をしないと発送しない」

「お金を受け取りたいので、すぐに受取連絡したください。」

もし、先に受取連絡を要求してきたらかなり詐欺に合う可能性が高いので、即取引を中止して、お金は入金しないことをおすすめします。

詐欺の手口5 ヤフオク外での取引の要求。

ヤフオク外での取引の要求をしてくることがあります。

これは、自分が出品者で、質問欄から「メールから取引しませんか?」などヤフオク外で取引を要求したり、

商品説明欄で、ヤフオク外からも取引可能だということが明記されていたりします。

特に、ヤフオクで多いのは、英語(又は片言の日本語)で質問してヤフオク外で取引を持ち込むスパムみたいなアカウントが多いです。

 

ヤフオク外で取引すると、手数料が取られないのでメリットがありますが、それだけ詐欺に合う可能性が高いです。

ヤフオク外で取引した場合、支払ったのに、商品が送られてこなかった場合、ほぼ泣き寝入りするしかない状態になるので、簡単に詐欺ができてしまいます。

そもそも、ヤフオクで出品している商品をヤフオクを通さずに取引を持ちかけることは規約違反です。

ヤフオク外で取引持ちかけられ取引した場合、アカウントが停止になる可能性もあります。

詐欺の手口6 商品を送らない。

入金したのに商品を送らないという詐欺もまだヤフオクではありえます。

今では、受取連絡をしないと相手に入金されない仕組みになりました。

しかし、支払ってから14日何もアクションを起こさず経過すると受取連絡しなくても出品者へ自動的に入金される仕組みになっています。

それを利用して、いろいろ言い訳をして14日経たせて、商品を送らずに代金だけ受け取るような詐欺です。

例えば、このような言い訳をしてくる場合があります。

「実家に帰っているので発送に時間がかかる」

「病気や事故でしばらく商品が送れなくなった」

「出張に行っているので商品が送れない」

支払い完了連絡から8日たっても商品が発送されない場合は、「Yahoo! JAPANに報告する」というボタンが出現するので、このボタンは押しておきましょう。

相手がどんな言い訳をしてきても、詐欺の可能性があるので「Yahoo! JAPANに報告する」は押したほうがいいです。

対策1 ヤフオクストアに絞って購入する。

詐欺にあわない一番いい対策方法は、ヤフオクストアから購入することです。

ヤフオクストアとは、ヤフオクが一定基準を満たした業者にだけ送られる特定のアカウントです。

このアカウントは、非常に信頼性が高いので詐欺に合う可能性も非常に低いです。

このようなアイコンが付いているアカウントはストアとなります。

ヤフオクストアは、検索からもヤフオクストアのみに絞る事ができます。

ヤフオクストアでは、初期不良の返品対応してくれるところがほとんどなのでもし初期不良があっても安心です。

しかし、ヤフオクストアの中にもいい加減な業者は、たまに見かけるのでストアの評価は念の為チェックしたほうがいいです。

対策2 相手の評価を吟味する。

入札する前に相手の評価は吟味しましょう。

評価が良いから信頼できる相手とも限られません。

ヤフオクで表示される評価の数は、出品も購入も合わせた数です。

いちばん重要なのは出品での実績の評価です。

購入の実績は簡単に作ることができるので、評価の中から出品の実績がどのくらいあるか見たほうがいいです。

出品の実績は、総合評価の下にある、出品時の実績の数から確認できます。

出品の実績が極端に少なかったり、全く無い出品者は注意したほうがいいです。

 

評価は、ある程度実績が溜まってから詐欺行為を行う人もいます。

評価が100前後くらいあったとしても信頼できるとは限りません。

あまり、評価だけを鵜呑みにせずに慎重に入札、取引を行ったほうがいいです。

対策3 ヤフー審査中には、発送しない。

出品者側での対策ですが、ヤフー審査中に発送してはいけません。

ヤフオクでは、クレジットカード決済の場合、ヤフー審査中と表示されます。

このヤフー審査中は、クレジットカードの不正利用がないかチェックしている状態で4時間位かかります。

「受取連絡待ち」となったことを確認してから、発送しましょう。

ヤフー審査中でも、支払いが完了したので発送できる状態になるのですが。この審査中に発送してしまうと代金が受け取れない恐れがあります。

落札者が支払ったお金はどういう状態になっているかは、かんたん決済の画面から確認できます。

かんたん決済ー受取一覧

対策4 安すぎる商品は疑う。

安すぎる価格で即決でだしてる商品は疑ったほうがいいです。

安すぎる商品は、偽物であったり何らかのトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

ただし、単純に初心者が相場を知らずに出してる場合もあるので、ハイリターン、ハイリスクだと思ったほうがいいでしょう。

よく相手の評価は商品を調べた上で購入することをおすすめします。

対策5 相手の住所と電話番号を確認する。

購入後出品者の住所が本当に存在しているのかどうか確認します。

取引の相手方の氏名・住所・電話番号を確認せずに取引した場合、未着・未入金トラブルお見舞い制度が利用できません。

ただし、匿名配送の場合には、相手の住所と名前を確認することができないのでする必要はありません。

 

相手の住所が実在しているかどうか確認する方法を説明します。

住所は、取引ナビの「お届け情報・お支払い情報などを確認する」から確認できます。

住所が存在しているかどうかは、Google Mapで調べます。

調べ方は、まず、Google Mapを開きます。

Google Mapを開いたら検索画面に相手の住所を入力します。(コピー&ペーストでOK)

検索すると、赤いピンのようなアイコンで表示されれば、相手の住所が実在しています。

逆に、ピンではなく、赤で四角で枠が表示されたりすると、番地が抜けている可能性があります。

赤いピンが表示されなかった場合は、住所が実在していない可能性が高いので取引相手に問い合わせたほうがいいです。

電話番号も念の為、桁があっているかどうかだけでも確認したほうがいいです。

対策5 ヤフープレミアム会員になる。

ヤフープレミアム会員になると、お買いものあんしん補償という制度が受けられます。

お買いものあんしん補償では、以下のようなときに、補償が受けられます。

・特定のブランド品やヤフオク!ストア(販売店に限ります)で落札した新品の商品が返品の補償。

・ヤフオク!で出品した商品が、返品されてなおかつその商品が壊れていた場合。

・ヤフオクで落札した商品(スマートフォンを除く)が思いがけない事故で破損した場合。

・ヤフオクで落札した商品が後日、故障した場合。

これらの補償が、ヤフープレミアム会員になるだけで受けられます。

ヤフープレミアム会員になると、ヤフオクの落札システム利用料が10%から8.64%になったり、ヤフーショッピングのポイントが5倍になるなどの特典があります。

まとめ。

・商品説明を熟読し動作が確認できている商品なのか確認する。

・偽造品が出回ってないかグーグルで検索する。

・商品が届いてないのに受取連絡をしてはいけない。

・安すぎる商品には気をつける。

・ヤフオクストアで購入すると安心。

・ヤフー審査中には、商品を発送しない。

・相手の住所が、実在するのか確認する。

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top