1924389

お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク入札テクニック

ヤフオクで自動延長なしの商品をスナイパー入札する方法。安く落札できる!

スポンサードリンク

こんにちは。

ヤフオクアドバイザーのうさぎ(@jkusagichan)です。

 

ヤフオクでは、自動延長というオークションシステムを採用しています。

この自動延長とは、オークション終了間際に、入札されると5分間、オークション終了時間が延長される仕組みです。

自動延長なしに設定している商品は、スナイパー入札をすることによって、安く落札できる可能性があります。

 

なぜ、スナイパー入札が有効なのか?

スナイパー入札とは、オークション終了ギリギリに入札する手法のことです。

スナイパー入札では、オークション終了10秒前など本当にギリギリに入札します。

スナイパー入札は、自動延長なしの商品には非常に有効です。

その理由は、2点あります。

・ほとんどの商品は自動延長ありになっているので入札する方は、自動延長あり前提で入札している。

・自分の入札額を知られずにすむ。

入札する側は、いちいち、自動延長なしかありかチェックしていません。

しかも、自動延長かどうか非常に見ずらいところにあるのにあるので、わかりにくいです。

殆どの商品は、自動延長ありに設定してあるので、入札する側は、すべて自動延長ありだと判断します。

自動延長なしでも自動延長ありと前提で入札してしまうので、高値更新したら入札しようと思ってます。

しかし、自動延長なしにしている商品の場合、自動延長されないので再入札することができず、いつの間にかオークションが終了していた状況になります。

そのため、スナイパー入札をすると安く落札できる可能性があります。

 

また、自動延長なしの場合、ギリギリまで入札しないことにより自分の入札額を知られずにすみます。

もし、スナイパー入札ではなく、前もって入札しておくと高値更新されたときに、入札額がわかってしまいます。

入札額がわかってしまうと、この価格なら買いたいと思う人が出てきてしまうので高値更新されやすくなります。

 

スナイパー入札は、ルール違反ではありません。

極稀に、スナイパー入札は、ルール違反などとクレームを言う方がいます。

スナイパー入札は、ヤフオクで禁止されている行為ではありません。

いつ入札するかは、入札者の自由です。

しかも、ヤフオクは、自動延長機能があるので、スナイパー入札してほしくなければ、自動入札ありに設定しておけばそれで防ぐことが可能です。

 

もしそのような言いがかりをつけてくる人がいれば、ヤフオクの規約のどこにスナイパー入札が禁止されているのか尋ねてみましょう。

そのような規約はないので、答えられないはずです。

 

スナイパー入札する方法。

手動でオークション終了10秒前などギリギリに入札するのはなかなか難しいです。

そのため、「BidMachine」というオークション入札ソフトを使うことをおすすめします。

このBidMachineを使うと、予めオークションの入札を予約することが可能です。

BidMachineでは、10秒前から入札を予約することができます。

入札の予約をしておけば、あとは、ソフトが勝手にオークション終了10秒前に入札できます。

このソフトを使う上での注意点は、3点あります。

・windowsにのみ対応している。

・常にパソコンの電源を入れて置かなければいけない。

・まれに入札失敗することがある。

・無料版は、月に10回までしか自動入札の機能を使えない。

 

無料版は、月に10回までしか自動入札を使えませんが、ヤフオクをかなり使っている人でないと10回以上自動入札することはないです。

そのため無料版でも十分に使うことができます。

 

Macでスナイパー入札したい人、パソコンの電源をずっと立ち上げておけない人は、オークファンのオークション入札予約がおすすめです。

 

このオークション入札予約は、ヤフープレミアム会員であれば無料で使うことができます。

オークション入札予約は、最大、オークション終了2分前に入札予約することができます。

オークション入札予約は、サーバーから入札してくれるので、パソコンを立ち上げておく必要がありません。

さらに、スマホからも入札予約することも可能です。

 

このソフトを使う上での注意点は、2点あります。

・入札失敗することがある。

・ヤフープレミアム会員であることと、オークファンの会員登録(無料)が必要である。

 

まとめ

・オークション終了間際で入札することをスナイパー入札と呼ばれている。

・自動延長なしの商品には、スナイパー入札がとても有効。

・自動入札ソフト、ツールを使うことで簡単にスナイパー入札することができる。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top