お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク

ヤフオクの出品商品は、送料無料、出品者負担にしたほうがいいの?

スポンサードリンク

こんにちは。

ヤフオクアドバイザーのうさぎ(@jkusagichan)です。

 

ヤフオクで出品する商品は、送料無料で出品者負担にしたほうが良いのでしょうか?

一見、送料無料のほうが、お買い得感があるので落札されやすいような感じがします。

今回は、ヤフオクで送料無料のしたほうがいいのか解説していきます。

 

8割位の人が送料無料にしていない理由とは?

無料にすべきかどうかは、他の出品者がどのようにしているか調べると、参考になります。

実際に、調べてみると8割くらいの人が送料を無料にしていません。

その理由として考えられるのは、送料無料にするよりも、送料分安くしたほうが落札されやすいからです。

基本的に、入札は、入札額でいくらにするか判断し入札しています。

ヤフオクでは、送料がかかるのが当たり前となっているので、送料無料なのかどうかは、実はあまり気にしていません。

例えば、送料無料で10,000円で即決で出品している商品と、送料別(送料は1000円かかる)で9,500円で即決で出品している場合、9500円即決の方が売れやすいです。

送料別のほうが、支払う額は、10,500円となり、一見、送料無料のほうが、安いので先に売れやすく感じます。

しかし、購入する方は、あくまでも落札額を基準としているため、500円高いのに、9,500円の方から売れていく可能性が高いです。

 

即決ではなく、オークション形式の出品でも送料無料にしようが、送料別にしようが、落札される額が変わらない可能性が高いので、送料負担する分出品者が損をしてしまいます。

 

送料無料にするメリットもある。

ヤフオクでは、送料無料、出品者負担だとデメリットが多いですがメリットもあります。

一番のメリットは、ゆうパック(おてがる版)、ヤフネコパックで出品者負担にすると送料が一律になり、送料が安くなります。

引用:ヤマト運輸とヤフオク!が連携した配送サービスが全国一律料金に対応「ヤフネコ!パック」

 

送料を出品者負担にするだいたい300円前後安くなる場合があります。

 

次のメリットとして考えられるのは、ペイペイフリマにも同時に出品できることです。

ペイペイフリマは、まだサービス開始されていませんが、2019年の秋にサービス開始予定のためそろそろ開始されます。

ペイペイフリマがどのくらい流行るか未知数ですが、ペイペイフリマに出品したほうがより売れやすくなる可能性があります。

 

高額でない商品は、出品者負担にしたほうがいい。

高額でない商品で、なおかつヤフネコ!ネコポスや、宅配便コンパクトゆうパケット(おてがる版)で送れる商品は、送料を出品者負担にすることをおすすめします。

その理由は、高額でない商品は、送料も非常にネックになってくるからです。

例えば、500円しかしない商品なのに、宅急便やゆうパックで送料を600円以上に設定してしまうと非常に売れにくいです。

購入者からすると高価でない商品は、送料も極力抑えたいと考えているため送料も非常に気にします。

そのため、送料があまりかからない、ヤフネコ!ネコポスや、宅配便コンパクトゆうパケット(おてがる版)で送れる商品は、なるべく送ったほうがいいです。

これらの発送方法は、送料を出品者負担にすることにより更に安く発送できます。

 

ヤフネコ!ネコポスや、宅配便コンパクト、ゆうパケット(おてがる版)で送れるサイズは、以下の通りです。

ネコポス:A4サイズ、厚さ2.5cm、重さ1kg以内

ゆうパケット(おてがる版):長辺34cm以内、厚さ3cm以内。縦・横が14cm×9cm以上のものが対象(円筒形状の場合は、長さ14cm以上、直径3cm)

宅配便コンパクト:専用BOXに入るもの。

まとめ!ヤフオクでは、送料は、落札者負担にしたほうがいい。

基本的には、ヤフオクでは、送料は落札者負担にしたほうがいいです。

送料を出品者負担にしたところでメリットはあまりないからです。

ただし、今後ペイペイフリマの流行度合いによっては、送料を出品者負担にしてヤフオクで出品している商品をペイペイフリマに同時出品したほうが売れやすくなる可能性もあります。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top