お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク入札テクニック

ヤフオクでは、簡単に入札の吊り上げ行為ができます。対策方法は?

スポンサードリンク

こんにちは。

ヤフオクアドバイザーのうさぎ(@jkusagichan)です。

 

ヤフオクのオークション形式の場合、入札していけば勝手に相場くらいの値段に収束すると思っている人は多いのではないでしょうか。

出品者が吊り上げ行為をしていれば本当はもっと安く買えたのに高い値段で落札することになります。

実は、ヤフオクでは、簡単に入札の吊り上げ行為ができてしまいます。

ヤフオクでの、吊り上げ行為とその対策について解説していきます。

 

ヤフオクで、簡単に吊り上げ行為ができる理由とは?

吊り上げ行為とは、出品者が入札価格を上げる目的で、別のアカウントで入札を入れることです。

ヤフオクでは、注意喚起として、公式ページで吊り上げ行為について注意を促しています。

お客様からの指摘を元にしたパトロールや、吊り上げの検知システムを用いたパトロールを行っています。吊り上げと判断した場合は、ヤフオク!の利用制限を行います。

許さない! 悪質な入札、注文 – Yahoo! JAPAN.html

ヤフオクでは、パトロールを行っていて、吊り上げと判断した場合は、利用制限を行うとのことです。

しかし、吊り上げ行為をパトロールで取り締まることは現状難しいです。

というのも、ヤフオクでは、入札するだけなら本人確認せずにヤフーのアカウントを作っていさえいればできてしまうからです。

ヤフーのアカウントは、本人確認なしで誰でも作れます。

出品者と入札者のIPアドレスが同じであれば吊り上げ行為をしていることがわかりますが、例えば、漫画喫茶やカフェなどのフリーWi-Fiでアカウントを作成し入札してしまえば、吊り上げ行為をやっているかどうか、わかりません。

つまり、ヤフオクでは、運営にバレずに簡単に吊り上げ行為ができてしまうということです。

 

吊り上げ行為が疑われる出品の特徴

吊り上げ行為が疑われる出品には3つの特徴があります。

いくつか、特徴を満たしていれば、吊り上げ行為の可能性が高まるので要注意です。

 

1つ目の特徴は、「入札者認証制限:なし」になっていることです。

入札者認証制限とは、モバイル確認や本人確認しか指定ないアカウントしか入札できない機能です。

これがなしになっているということは、ヤフーのアカウントを作れば誰でも入札できるということです。

入札者認証制限がなしになっているかどうかは、ヤフオクの出品ページから確認することができます。

ただし、誰でも入札してほしいという理由で、入札者認証制限をなしにしている人はたくさんいるので、それだけで疑うのはよくないです。

 

2つ目の特徴は、新規のアカウントか、もしくはあまり評価の少ない人のアカウントで最高入札額を何度も更新されていることです。

入札履歴は入札件数あたりのリンクから見ることができます。

入札履歴を見て、新規か評価が少ない人が最高額入札者であれば吊り上げ行為の可能性があります。

 

3つ目は、落札されている商品なのに再出品していることです。

再出品している理由としていたずら入札されたという理由をつけているかもしれませんが、吊り上げ行為で引っかかる人がいなかったため再出品しているだけの可能性があります。

これを防ぐためにオークション終了間際で、オークションが取り消しを行うこともあります。

何故取り消しをしてしまうのかというと、もし吊り上げ行為を行ったアカウントで落札が成立してしまうと、落札の履歴が残ってしまうため再出品しにくくなってしまいます。

落札履歴は、ヤフオクの検索画面から簡単に検索できます。

落札された商品を何度も出品してしまうと当然怪しまれます。

そのため、落札が成立しないためにオークションの取り消しを行っているのです。

 

入札額をいくらまでにするか予め決めよう。

吊り上げ行為に引っかからないための単純です。

入札する前にいくらまでなら入札するか決めておくことです。

オークションでありがちなのは、いくらでもいいからとにかく最高入札を繰り返して落札できるまで入札することです。

落札できるまで入札を繰り返してしまうと、吊り上げ行為だった場合、不当に高い値段で購入する羽目になります。

いくらまで入札するかは、過去の相場を参考にして、これくらいなら入札してもいいという入札額を予め決めておくことです。

相場の調べ方については以下の記事をご参考ください。

本当は知らない?ヤフオクの落札相場の調べ方。

もし、相場よりも高いなと思ったら、前項で解説した「吊り上げ行為が疑われる出品の特徴」に当てはまっているか調べて、いくつか当てはまれば、怪しいので入札はやめておくのもいいと思います。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top