お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオク入札テクニック

なぜヤフオクで入札するときは出品終了間際がいいのか?わかりやすく解説!

スポンサードリンク

ヤフオクでは、殆どは、出品終了間際に入札されます。

予め入札していても終了間際に更新された経験がある人は多いのではないでしょうか。

そこで今回はなぜヤフオクでは入札するとき出品終了間際のほうがいいのか解説します。

最後まで自分の入札額を知られずに済むから。

一番の理由は、終了間際まで自分の入札額(購入したい額)を知られずに済むからです。

早く知られてしまうと、「この入札額以上で購入できるなら欲しい」という人が出てしまうリスクが高まるからです。

なので自分の入札額は最後まで知らせずに終了間際に入札したほうが落札できる可能性は高くなります。

欲しい商品が注目されずに済む。

欲しい商品を早めに入札しておくと、入札件数が増えるので、注目度は高まります。

入札件数が増えるとこれだけ欲しい人がいるんだと思うので、注目度が高まる傾向にあります。

入札があることで、欲しい人が少なからずいるという安心感が出て、入札のライバルが増えます。

また、検索時に入札件数でソートして探す人も結構いるので、それでウォッチリストに入れてライバルが増える可能性があります。

出品者にとってはありがたいことですが、安く購入したい入札者にとっては、デメリットでしかありません。

意地でも入札額を更新して手に入れたい人がいる。

入札間際ではなく、かなりだいぶ前に希望の入札額で入札してしまうと、入札額を更新されるリスクも高くなります。

というのも、意地でも入札額を更新する人がいるからです。

ヤフオクでは、自分が購入したい入札額を入れる人だけではありません。

これはオークションにありがちですが、最高入札者になれないと悔しくて最高入札者になるまで価格を入札し続けいるのです。

希望額で出品している人は入札を更新される可能性が高い。

ヤフオクでは、1円出品ではなく最初から自分が購入されてもいい額で出品している人は結構多くいます。

即決の場合は、すぐに購入できるのですが、即決ではないものも結構あります。

そういう商品の場合、早めに入札しておくと、人気がある商品だと思われて入札を更新されるリスクが高まります。

逆に、入札が0件だと、不人気の印象があり、入札されづらいです。

最初の入札は、自動延長されないので、1分前などなるべくギリギリに行ったほうがいいです。

即決の場合は、早く購入しよう。

当たり前かもしれませんが、定額で出されている商品で、欲しいものはすぐに購入したほうがいいです。

定額の商品は、入札=即購入になってしまうので、誰かが購入されれば、もう購入できなくなります。

ただし、商品説明文を十分読んで本当に欲しいものなのか、この値段で買ったもいいのか見極めましょう。

例えば、付属品が欠品したり、商品の一部に難があったりする場合もあります。

終了間際になるまで待つのがめんどくさい人はどうすればいい?

これまで説明したとおり、ヤフオクでは、絶対に終了間際に入札したほうがいいです。

しかし、終了間際のとき用事があったりしていちいち終了間際に入札するのは大変ですし忘れることもしょっちゅうあります。

私も、入札し忘れたことが何度もありました。

この場合には、自動入札ツールを使ったほうがいいです。

自動入札ツールを使うと、入札予約さえ入れておけば、あとは終了間際にツールが自動的に入札してくれます。

予め入札額を設定しておけるので、入札競争に夢中になって勢いに任せて思ったよりも高く入札してしまったなんてこともなくなります。

有名なのは、オークファンの自動入札ツールBidMachineというソフトです。

オークファンの自動入札ツールは、オークファンのサービスでヤフープレミアム会員なら無料で使えて、ウェブから予約できるので気軽に予約できます。

ウェブで予約すればそのまま予約されるので、PCやパソコンを立ち上げておく必要がないので手軽です。

スマホからも予約できるので非常に便利です。

BidMachineは、windowsで使えるソフトウェアです。

こちらも基本的には無料で使えます。

追跡入札という高度な入札機能も使えるのでより安く本格的に入札したい人におすすめです。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top