1924389

お得に売ったり買ったり

お得な情報。フリマ、ヤフオクで高く売る方法。安く買えそうなお得な商品を紹介します。

ヤフオクトラブル解決

ヤフオクでトラブルになりやすい、揉めやすい行為と回避策について。

スポンサードリンク

こんにちは。

ヤフオクアドバイザーのうさぎ(@jkusagichan)です。

 

ヤフオクで、取引を行っていると、トラブルになることはよくあります。

トラブルの殆どは、価値観や、認識の違いからなります。

そのため、どういうことがトラブルになるのか、どうすれば回避できるのかが重要になってきます。

そこで、今回は、ヤフオクでトラブルになりやすい行為と回避策について解説していきます。

 

入金が遅い。(落札者側のトラブル)

落札者側で、トラブルになりやすいのは、入金が遅いことです。

ヤフオクでは、かんたん決済というシステムで入金を行います。

かんたん決済の期限は、銀行振込の場合は、5日、それ以外は、7日以内となっています。

この期限内に、支払えば問題ないだろうと思うと、トラブルになる可能性があります。

入金が遅いと、最悪な場合、落札者都合で勝手にキャンセルされる可能性があります。

ヤフオクでは、出品者が落札者の許可を得ずに、落札者の都合でキャンセルすることができます。

詳しくは以下の記事より。

ヤフオクで出品者が勝手に落札者都合で削除、キャンセルできる仕様がひどすぎる。

 

落札者都合でキャンセルされると、もう取引できない上に、非常に悪いの評価もつくことになります。

勝手にキャンセルする人なんているわけないだろ と思われる方もいるかも知れませんが、意外といます。

すぐに支払うのが常識だと思っている出品者が一部でいるからです。

 

このトラブルを回避するために、支払いは、落札してから24時間以内に行いましょう。

もし、24時間以内に支払えない場合は、いつ支払うのか、取引ナビでメッセージを送ります。

そうすることで、このようなトラブルを回避することができます。

 

商品が思っていたものと違う。(落札者側のトラブル)

落札したものが、思っていたものと違うことがあります。

例えば、精密機器の一部動作不良であったり、説明にはない汚れがあったりすることがあります。

まず、商品が届いたら、動作の確認、状態の確認をしたほうがいいです。

受取連絡をして、何日も経ってから、動作不良があったと出品者にクレームを言ってもなかなか対応してくれない可能性が高いです。

あまり使わなそうな機能でも、一通り動作をまず確認したほうがいいです。

 

もし、商品が思っていたものと違う場合、出品者と交渉することになります。

ヤフオクストアの出品者の場合は、初期不良の返品には対応してくれる可能性が非常に高いので、どういう不具合があったのか、取引ナビやメールで連絡すれば問題ないです。

問題なのは、個人の出品者です。

個人の出品者の場合、動作不良があったからといって、なかなか返品には対応してくれない場合が多いです。

動作不良の箇所にもよりますが、動作不良だとしてもそれほど使うために影響しない場合は、一部、返金してもらえないか、交渉するとスムーズに交渉しやすいです。

 

商品の受け取りが遅い。(落札者側のトラブル)

落札者側で、落札した商品の受け取りが遅いとトラブルになる可能性があります。

なぜ、受け取りが遅いとトラブルになるのかというと、ヤフオクでは、商品を受け取って落札者が受取評価を押さないと入金されないシステムだからです。

受け取りが遅くなってしまう場合は、発送される前に、事前に出品者にいつ受け取るのかを取引ナビで連絡しておきましょう。

例えば、土日しか受け取れないとか、出張で何日まではうけとれないなど伝えておくとトラブルを回避できます。

連絡をしても、受け取りが遅いというだけで、不快感をあらわす人もいます。

あまりにも受け取りが遅くなってしまうようでしたら、受け取っていなくても受取連絡を押すのもありだと思います。

ただし、受取連絡を押すと、もし商品が受け取れなかったり、全く違う商品だった場合、などトラブルになるので、信頼できる出品者にだけにしておきましょう。

 

受取連絡してくれない(出品者側のトラブル)

落札者側で、トラブルになりやすいのは、落札者が、受取連絡をしてくれないことです。

ヤフオクでは、受取連絡しなくても14日経過すれば自動的に入金されます。

14日間、待てる場合は、そのまま何もしなくても問題はありません。

 

14日も待てない人は、受取連絡してもらうように対策をする必要があります。

ヤフオクでは、受取連絡を催促する自動メッセージを送る機能があります。

この機能を送ってもなかなか受取連絡をしてくれません。

 

この対策は、2つあります。

まず、商品説明欄に、「受け取ってから2日以内に受取連絡をできる方に限ります」のように、受取連絡をするように記載しておきます。

更に、商品を発送する前に、取引ナビにて、「商品説明欄に、受け取ってから2日以内に受取連絡をできる方に限りますと記載しております。商品が届いたら受取評価をしていただけますか?こちらの確認が取れれば発送させていただきます」

などのようなメッセージをおくり、同意が取れてから発送します。

流石に、そこまでして、受取連絡が遅い人はなかなかいないです。

 

入金してくれない。(出品者側のトラブル)

落札してもなかなか入金してくれない落札者がいます。

落札者が評価が悪かったり、新規の人で入金が遅いといたずら入札の可能性が非常に高いです。

いたずら入札の可能性が高かったとしても、かんたん決済の期限までは、待ったほうがいいです。

かんたん決済の期限内に、勝手に落札者都合でキャンセルしてしまうと、「本当は支払うはずだったのに」と落札者が言い出しかねないのでトラブルのもとになります。

3~4日入金がない場合は、取引ナビで支払いはいつになるのかと、もしかんたん決済の期限をすぎると落札者都合でキャンセルする旨を連絡したほうがいいでしょう。

 

最後に。価値観の違いで、トラブルは起きるので気をつけよう。

ヤフオクの取引のトラブルは、価値観の違いで起こりやすいです。

ルールではこうなっているのに、相手が変な人でマイルールを押し付けてくる人が結構います。

ヤフオクのルールはどうなっているのかではなく、トラブルにならないための対策が必要になってきます。

こうするのが常識だと思っていても、相手にとっては常識ではないこともあります。

例えば、かんたん決済は、すぐに支払わないといけないと思っている人も中にはいます。

そのため、取引はスムーズに、もしできない場合は連絡することを徹底したほうがいいです。

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top